4月中旬 新サービスを公開予定!

【三郷ニュース】閉店した幸楽苑 三郷店跡に、ハンバーグ&ステーキのお店「肉のはせ川」がオープン予定。【2020年2月10日更新】

幸楽苑跡地に「肉のはせ川」がオープン予定

2019年12月上旬に閉店した幸楽苑 三郷店の跡地に、「肉のはせ川」がオープンすることが決まりました。現地の様子は、このようになっています。

入り口には、肉のはせ川のバイト面接の案内が貼ってありました。

肉のはせ川を運営する「株式会社カスタマーズディライト」のウェブサイトでも、アルバイトの募集が行われています。

引用)カスタマーズディライト ウェブサイト

オープン日については正確な情報がまだありませんが、近日オープンすることは間違いなさそうです。

道を挟んだ向かいには「焼肉きんぐ」、近隣にはハンバーグ&ステーキの「はすぬま」や国産牛食べ放題の「感激どんどん三郷店」があり、お肉激戦区の戦いはさらに過熱しそうです。

「肉のはせ川」とは?

現地直送のあきたこまちの食べ放題が特徴の、ハンバーグ&ステーキ屋さんです。ただし、ライスはセットメニューに含まれておらず、別料金となっています。

参考 肉のはせ川株式会社カスタマーズディライト

深読み

ここからは三郷ブログ管理人のKotaによる深読みです。事実かどうかはわかりませんが、一つの考えとして読んでくださればと思います。

埼玉県の上尾市、愛知県の豊橋市、北海道の札幌市などで、幸楽苑の跡地に出店をしているお店のようです。はじめは、幸楽苑の扱うブランドの一つに「肉のはせ川」が入っており、業態転換しているのかな?と思ったのですが、様子が違うようです。

幸楽苑は「株式会社幸楽苑ホールディングス、肉のはせ川は「株式会社カスタマーズディライト」とそれぞれ別の会社が運営しており、両社は特に資本関係もないようです。

各地の例を調べると肉のはせ川は、幸楽苑の店舗をそのまま居抜きで使っているそうなので、幸楽苑の店内レイアウトが使いやすく、店舗の改装コストを抑えることができるためかもしれません。また、客層もラーメンとハンバーグは似ている(男性や家族)ので、新規出店の立地調査コストも抑えられる可能性があります。

一方、幸楽苑は売上が伸び悩んでいます。対前期比で見ると、9月以降はマイナスとなっており、特に台風の被害のあった10月は大きく落ち込んでいます。11月は台風の影響からは回復したものの、それでも前期比90%を割り込んでいるため、経営改善が急務となっています。

参考 月次情報 (売上の伸び率)幸楽苑ホールディングス

お店が閉店した後は、次のお店がなかなか決まらないケースもありますが、今回は閉店して間もないにも関わらず、すぐに出店が決まりました。幸楽苑の閉店前に、次の出店は決まっていた可能性が高いと思われます。

早く不採算店舗をしめて経営改善を進めたい幸楽苑と、出店攻勢に出ている肉のはせ川は共にウィンウィンの関係にあるのかもしれません。

お店情報

 店名 肉のはせ川 三郷店
 営業時間 未定
 定休日 未定
 駐車場 あり
 住所 〒341-0008 埼玉県三郷市駒形1181ー1
 ジャンル ハンバーグ、ステーキ、ファミレス
 ウェブサイト 公式サイトはこちら

※ 店舗情報は正確ではない場合がありますので、必ず事前にご確認ください。

アクセス

追記情報(2020年2月10日)

こちらのニュースの更新情報は、次の記事にて確認できます。

【お店】「肉のはせ川 三郷店」ご飯がおかわり自由!ハンバーグ&ステーキのお店。ランチメニューもまとめます。

コメントを残す

CAPTCHA