近日、新掲示板を公開予定!

【お出かけ】「茨城県自然博物館」巨大な恐竜やマンモスがお出迎え!野外施設のトランポリンや化石採集も人気。

この記事では、茨城県自然博物館についてまとめています。

茨城県自然博物館

本館施設

茨城県自然博物館は、「本館施設」と「野外施設」に分かれています。まずはじめに本館施設をみていきます。

入り口を入ると、世界最大のマンモス「松花江マンモス」(しょうかこうマンモス)が出迎えてくれます。レプリカですが、体長は9.1m、高さは5.3mもあり、その迫力に圧倒されます。

ここを抜けると、こちらも世界最大級の植物食恐竜「ヌオエロサウルス」のレプリカが登場します。体長は26m、高さは9.75mあり、写真に収めきれないほどの大きさです。

博物館では、期間限定で様々な企画展示を行っています。この時期は「変形菌」の企画展を開催していました。普段はなかなか気付きませんが、実は身の回りにいる変形菌とはどう言うものなのか?その魅力を紹介するという内容です。

変形菌は、キノコのような形をしていたり、アメーバのようになってはい回るなど様々な種類がいるとのこと。

この展示はアメーバのような変形菌が、試行錯誤しながら迷路の出口までたどり着く実験を子どもに体験してもらおうと言うものです。子どもは展示の意図が伝わったどうかはあやしいところですが、迷路を楽しんでいました。

変形菌になれる撮影スポットもありました。かぶりものが何種類か置いてあり、列ができていました。いい記念になりますね!

現在開催されている企画展示については、こちらから確認できます。

参考 企画展示茨城県自然博物館

次は通常の展示室にある、本物のタヌキとイタチのはく製です。穴から手を入れて、直接触れるようになっています。はく製とはいえ、今にも動き出しそうな状態なので、親も子どももドキドキしながら触りました。こうした経験は博物館ならではですね。

水生生物の展示エリアには、巨大なウシマンボウの展示がありました。マンモスのようなレプリカかな?と思ったら、こちらは本物(はく製)!体重は1.5トンもあり、これまで記録された中では世界最大級とのことです。これだけの大きさのマンボウが、北茨城市の沖合で採取されたと言うことが驚きです。

こちらは宇宙に関する展示室です。映像なので、子どもは食い入るように見ています。

博物館の総合展示には「宇宙・地球・自然・生命・人間と環境」の5つのテーマがあり、それぞれ展示室が異なっています。

詳細は下から確認できますので、事前に子どもの興味がありそうなテーマがあるかどうか確認しておくと良いかもしれません。

参考 総合展示茨城県自然博物館

また、今回私の子どもには早すぎると思い参加しませんでしたが、ガイドツアーやスポットガイドも開催されています。特に予約は必要ないとのことです。

参考 ガイドツアー・スポットガイド茨城県自然博物館

今回2歳半の子どもと一緒にいきましたが、展示物の内容としては小学生以上向けたものが多いと感じました。ガイドツアーなども小学生以上の子どもと一緒に参加した方が良いかもしれません。

本館施設見学の最後に屋上に来ました。

この日は雲が出ていたので見えませんでしたが、筑波山や富士山なども見えるそうです。広々と見渡すことができて、気持ちがよかったです。

野外展示

次に野外展示を見ていきます。野外エリアは東京ドーム約3.5倍もの広さがあり、本館施設よりもはるかに広いです。

引用)茨城県自然博物館 ウェブサイト

この日は本館出口付近で、スポットイベントが行われていました。こちらは、本物の蝶を標本にした展示です。

同じ場所では、本物のカエルのたまごに触れるブースもありました。おそるおそる触ってみたのですが、やわらかめのゼリーのようでした。子どもは不思議そうに触っていました。実物に触る機会はなかなかないので、こうした場はありがたいです。

野外施設には、子どもたちが遊べるスポットがあります。ここは「遊びながらけものや鳥たちの生活を疑似体験できる」というのがテーマだそうです。子どもたちはトランポリンで遊んだり、あみを登ったりして楽しく遊んでいました。

遠くの人と話せるパイプです。途中にある黄色いパイプではなく、一番奥の白いタワーのふもとにいる人と会話できます。

未就学児の場合は、こうした野外施設の方が楽しいかもしれません。

野外施設では、化石を探せるスポットがあります。12万5000年前の貝化石を実際に採集することができ、1人5個まで持ち帰ることができます。

この貝化石探し以外にも、化石のクリーニング、ネイチャーガイドによる解説、ネイチャートレイル(自然観察のコース)などが野外施設では体験できるようになっています。

予約が必要なものもありますので、博物館へ行く前にご確認いただければと思います。

参考 野外施設案内茨城県自然博物館

ランチ

本館施設1Fにレストラン「ル・サンク」があります。営業時間は9:30~16:00(15:55ラストオーダー)、席数は70席です。メニューは、カレー、ハンバーグ、ピザ、うどん、そば、お子様ランチなどがあります。期間限定で企画展に関連するオリジナルメニューが提供されています。

今回はお子様ランチを頼みました。中身は、ホットケーキ、ポテト、オレンジ、ゼリーなどでした。

この日は休日でしたが館内はそれほど混んでいませんでした。そのため、すぐに入れるかと思いレストランに行ったのですが、お昼過ぎの時間には行列ができていました。館内ではここしか食べる場所がないので、どうしても混み合ってしまうようです。

夏休みなどさらに混雑する時期は、レストランに入れないことも十分考えられます。食事の持ち込みは可能となっていますので、食べ物は持参した方が良いかもしれません。本館施設の出口付近にテーブルや椅子が備え付けられており、ご飯を食べられるスペースがあります。

入館料

企画展示が開催されている時と、開催されていない時で料金が異なっています。大半の期間は企画展が開催されていますので、開催時の金額で考えておくと良いかと思います。

未就学児は無料、20名以上の団体利用の場合はカッコ内の割引金額となります。

企画展示が開催されている時

本館・野外施設

大人 750円(610円)

大人 満70歳以上 370円(300円)

高校・大学生 460円(320円)

小・中学生 150円(70円)

野外施設のみ

大人 210円(100円)

大人 満70歳以上 100円(50円)

高校・大学生 100円(50円)

小・中学生 50円(30円)

企画展示が開催されていない時

本館・野外施設

大人 540円(440円)

大人 満70歳以上 270円(220円)

高校・大学生 340円(210円)

小・中学生 100円(50円)

野外施設のみ

開催時と同じ

施設情報

 名称 ミュージアムパーク 茨城県自然博物館
 営業時間 9:30~17:00(最終入館時間は16:30)
 定休日 月曜休館
月曜日が休日の場合は開館し、翌日火曜日に休館
最新の開館日情報はこちら
 子どもの料金 入館料の項目を参照
 大人の料金 入館料の項目を参照
 ベビー施設 恐竜ホールに、授乳室が用意されています。
館内はベビーカーで回ることができ、トイレにはおむつ交換台もあります。
 駐車場 無料駐車場があります。
1,000台収容できる広い駐車場ですので、土日でも十分停められます。
 駐車料金 無料
 住所 306-0622 茨城県坂東市大崎700
 電話 0297-38-2000
 ジャンル 博物館
 ウェブサイト 公式サイトはこちら

※ お出かけスポット情報は正確ではない場合がありますので、必ず事前にご確認ください。

アクセス

鉄道やバスで行くと、1~3時間に1本程度しかないバスを使うことになってしまいます。無料駐車場も完備されていますので、特に子どもと行く場合は車で行く方が良いと思います。