近日、新掲示板を公開予定!

【お出かけ】新東名高速道路「長篠設楽原パーキングエリア(下り)」長篠の戦いが実際に行われた場所にあるPA。

新東名高速道路「長篠設楽原パーキングエリア(下り)」

「長篠設楽原パーキングエリア(下り)」は、実際に長篠の戦いが行われた地に作られた施設です。

長篠の戦いは、「織田信長・徳川家康」の連合軍と武田信玄の後継者である「武田勝頼」が激闘した戦いで、信長の鉄砲による三段撃ちが有名ですね!(諸説あり)。信長・家康は、騎馬戦を得意とする武田軍に、新しい兵器である「鉄砲」を使い圧勝し、天下統一へと大きく踏み出した一戦として日本史の中でも注目されています。

パーキングエリアの中でも相当強い個性があると言われる「長篠設楽原」はどのようなものか、早速みていきたいと思います。外観からして、戦国色が全開ですね!自動販売機で購入すると、信長や家康の声が流れます。

入り口を入ると、長篠の戦いの概要がまとめられていました。

名古屋土産のエリアを、わざわざ「尾張」と旗に書いています。凝ってます。

愛知の名物ラーメン「スガキヤ」のお土産が売られています。

店員さんの格好、メニューの書き方など、細部にこだわってます。

名古屋土産にういろうは外せませんね!

「長篠合戦図屏風タルトケーキ」が売られています。中身は普通のタルトケーキですが、パッケージが合戦図屏風です。マニアックなお土産ですが、いい場所に置かれていたので、人気があるのかもしれません。

鉄扇・火縄銃・日本刀が売られていました!特に信長が所持していた「圧切長谷部(へしきりはせべ)」という刀のレプリカが人気だそうです。

火縄銃が売っているパーキングエリアは、なかなかない気がします。

織田信長の鎧でしょうか?自由に記念撮影ができるようになっています。子どもは「かっこいい」と喜んでました。

伊達政宗など、戦国時代に活躍した武将をテーマとした雑貨も多く売られています。

店内の様子です。

子ども向けのおもちゃもユニークです。

食堂です。

こちらは定食屋さんのメニュー。

麺屋さんのメニューです。

お茶・お水などおかわり自由です。

お座敷スペースがあるので、子どもづれにはありがたいですね!

食堂に合戦図屏風が飾られていました。雰囲気あります。

屏風の隣に出入口があり、目の前には展望台があります。

展望台の上からの景色です。ここが長篠の戦いが実際に行われた場所なんですね。歴史が動いた場所と考えると、不思議な感覚です。

この日はあいにくの雨でしたが、晴れているとこのような景色だそうです。

展望台の上から左を見ると、長篠の戦いで信長が本陣を構えた場所が見えます。

のぞいてみることにしました!実際にここに信長の本陣があったと考えると、ちょっと緊張します。

階段をさらに登って奥に行くと、神社や看板などがあります。

雲がかかっていて、幻想的な雰囲気です。

階段の上からパーキングエリア全体を見下ろした景色です。

階段の下には、合戦の解説も。

これでパーキングエリアを一通り見回ることができました。戦国時代や歴史が好きな方はもちろん、そうでない方もちょっとしたテーマパークとして楽しめる作りになっていると感じました。置いてあるお土産や展示の仕方のどれをみても、強いこだわりが感じられて楽しかったです!

高速道路のパーキングエリアというと、トイレと自動販売機だけが置いてあるだけの場所というイメージでしたが、それはもう過去のイメージなんだと感じました。旅をしながら気軽に寄れて、歴史に触れることができるというのは、子どもにとってもいい機会になったと思います。新東名高速道路を利用する機会があれば、ぜひ寄ってみてはいかがでしょうか。

詳細情報

 名称 新東名高速道路「長篠設楽原パーキングエリア(下り)」
 営業時間 24時間営業
 定休日 なし
 住所
〒441-1302 愛知県新城市富永住居田(とみながすまいだ)
 電話 0536-22-4500
 ジャンル パーキングエリア
 ウェブサイト 公式サイトはこちら

※ お出かけスポット情報は正確ではない場合がありますので、必ず事前にご確認ください。

アクセス

車の場合

新東名高速道路(下り)直結