近日、新掲示板を公開予定!

【お出かけ】「ギャラクシティ」都内最大級のプラネタリウムがある西新井の複合施設。イベントや駐車場情報まとめ。

ギャラクシティとは?

今回は西新井にあるギャラクシティに遊びに来ました。ギャラクシティとは、西新井にある「こども未来創造館」と「西新井文化ホール(ギャラクホール)」を合わせた大型の複合施設です。

東京23区でも最大級となるプラネタリウム、高さ10mの国内最大級のネット遊具、高さ7.5mのクライミングウォールなど、様々な楽しみ方ができます。プラネタリウムは有料ですが、ほとんどの施設を無料で体験できるとあって、休日には多くの家族づれでにぎわうことも。アート、ダンス、ワークショップなどの各種イベントも頻繁に開催されています。

こども未来創造館

まずはじめにこども未来創造館の館内を見ていきます。各フロアには、次のような施設があります。

正面入口付近にはこんなモニュメントも。タイトルは「ときめき未来」。たしかに子どもは未来そのものですよね!そんな想いがギャラクシティに込められているのかもしれません。

1F

正面入口を入ると「ギャラクシティすてーしょん」という受付があります。

受付ではギャラクシー(銀河)というだけあって、宇宙関連のグッズが多く販売されています。

入口の隣りには、高さ7.5mのクライミングウォール!迫力があります。

午前の部は8:50~、午後の部は13:30~整理券が配布されます。各回とも人気ですぐに埋まってしまうので、参加希望の方はお早めにどうぞ。

ちょうどこの日は、ジャパンフェスタというイベントが開催されていました。

近隣のお店とも連携してイベントを盛り上げています。

日本を感じさせるブースがたくさん出ています。こちらは日用品つかみ取りと、プリンかヨーグルトを無料でもらえるというブース。プリンおいしかったです!

アパレル販売、野菜販売、雑貨販売など、他にも様々なブースがありました。

通路脇には木目込人形(きめこみにんぎょう)の展示も。美しい模様に目を奪われます。

何かのキャラが通路を歩いて行って、多くの人に囲まれていました。何のキャラクターかは、今もわかっていません。

ギャラクシティのメインの一つが、高さ10mの国内最大級のネット遊具「スペースあすれちっく」です。

朝の時間帯はまだ空いていたのですが、ジャパンフェスタが盛り上がるにつれ徐々に人が増えて、スペースあすれちっくの順番まちも長蛇の列に!以前来たときは特に何もイベントが開催されていなかったのでせいぜい10~15分程度でしたが、この日は40分以上待つことも。大人気ですね!

スペースあすれちっくは、30分ごとに区切られ「総入替え制」となっています。説明時間含めて25分間遊び、5分で入れ替えという流れのようです。本来は時間ごとに「ファミリータイム」「小学生タイム」「だれでもタイム」というように利用できる人が決まっており、対象の方だけが利用できるようになっています。

この日はイベントと同時開催ということもあり、全ての時間帯が対象者を限定しない「だれでもタイム」でした。

靴下が必須、5本指ソックス禁止、スカート禁止など、ルールがあるので事前に確認しておきたいですね!靴下を忘れた場合は、受付などで購入する必要があります。

ネットは3フロアに渡るほどの高さがあります。縦穴があるので、そこから上下の移動ができるようになっています。縦穴は、青い穴が入口、赤い穴が出口となっている一方通行とのこと。

ちなみに、この縦穴は狭いので子ども向けだと思います。大人が入ることも可能ですが、女性の細身の方でもちょっと狭く、体格のいい男性が入ろうものなら本当に抜け出せなくなります。以前、冷や汗をかいたので、この日は絶対に入らないと決めていました。

時間が来ると係員の方がロッカーに案内してくれます。ここに靴、バッグなどを全ておいていきます。ポケットの中にも何も入れられないのでスマホなどの貴重品もここのロッカーに預け、その鍵を手首に巻いて持っていきます。

ネット遊具の中はスマホを持っていないので撮影できませんでしたが、あみが揺れる中を歩いたり走ったり、寝転んだりと子どもも大人も大興奮!なかなか楽しいです!

揺れるネットの上を移動するのは相当ハードな運動なので、ちょっと動くだけで体があたたまってきます。25分は短いかなと思いましたが、実際には「もう十分!」となるほどの満足感(と疲労感)です。思ったより滑るのでそれだけはご注意ください。このネット遊具の隣りには「クライミングパーク」という小学生向けのクライミングウォールがあります。

横に移動していく感じなので、落ちても安心。クライミングを手軽に楽しみたいという子どもに良さそうです。

1Fフロアには、他にも様々な部屋があります。こちらは「ホワイトあとりえ」自由に遊べる部屋です。今日はイベントということで紙芝居が行われていました。子どもたちは真剣そのもの、夢中で聞いています。

こちらは「わくわくデスク」。様々な体験・実験キットを借りて遊べるスペースです。

隣りには「デジタルきゃんぱす」。投影された映像に合わせて体を動かして楽しむことができます。親も子どもも夢中ですね!普段は空いているのですぐに遊べますが、ここもイベントデーということで列ができていました。

2F

次に2Fを見ていきます。全体図はこちら。

東京23区で最大級と言われるプラネタリウム「まるちたいけんドーム」がメインです。この日はアンパンマンの上映会、浅野温子さんの読み語りイベントが開催されていました。普段は様々なプラネタリウム作品を楽しむことができます。1作品あたり、大人500円、小中高生100円、未就学児無料(席を利用する場合は100円)となっています。

「ぷらっとプラネット」は多目的スペースで、ちょっと休憩することができるようになっています。

「わーくしょっぷスタジオ」では、折り紙イベントが開催されていました。

乳幼児向けの施設「ちびっこガーデン」も人気です。

0歳~年長さんまでの専用エリアで、子育てサロン西新井も併設されています。

靴を置いて、中に入っていきます。

12~13時はランチタイムとのことで、みなさんご飯を食べています。

ランチタイム以外は奥のスペースで自由時遊ぶことができるようになっています。ギャラクシティの近くに住んでいる親子にとって、とても魅力的なスペースですね!

トイレもすぐ近くにあるので安心です。

3F

次に3Fを見ていきます。全体図は次の通りです。

こちらは「ホッとスペース」です。プラネタリウムの出口になっていて、ちょっとした休憩所も兼ねています。

「ギャラクシティふぉーらむ」です。会議や研修などに利用できる多目的スペースです。今日はイベントということでご飯を食べたりできるフリースペースとして開放されていました。

B2F

次に一番下のB2Fを見ていきます。音楽室やレクリエーションホールなどがありますが、今日はジャパンフェスタということで様々なイベントブースになっていました。

こちらは「歌舞伎メイク体験」の部屋。有料ですが歌舞伎のメイクをしてもらえます。子どもだけでなく、大人で体験されている方も!上のフロアで歌舞伎メイクで普通にご飯を食べている方もいて、笑ってしまいました。

カルタ取り、コマ回し、けん玉など、昔ながらの遊びを体験できる部屋もありました。

B2の中央はちょっとしたイベントスペースになっています。この日は「東京浅草剣舞会エッジ」の方々による剣舞イベントが開催されていました。

侍や忍者が登場して、子どもたちの目は釘付けに。

このイベントスペースは、ちょうど「スペースあすれちっく」の下になるので、ネット遊具で遊ぶ子友たちも上から見ています。ちょっと不思議な光景ですが、ギャラクシティならではですね!

侍と忍者の殺陣。スピード感があり、迫力もあります。

織物を羽織って、華麗な舞も披露されます。

決めポーズ!会場は大歓声!

最後に獅子舞も登場しました。

はじめはまばらだったのですが、剣舞の音楽につられて人が集まり、最後はこのにぎわいでした!間近で殺陣を見る機会はめったになかったので、とても面白かったです!

西新井文化ホール

西新井文化ホールは、客席数902席の広いホールを兼ね備え、子どもから大人まで文化芸術に触れられる場所として様々なイベントが開催されています。

この日はジャパンフェスタとして、中高生による和琴演奏、舞妓&獅子舞、狂言ワークショップ、着物ショー、中国古箏、越中おわらの舞など、日本に関する様々なイベントが開催されていました。

「越中おわらの舞」は富山県で歌い継がれている民謡で、9月1日~3日の「風の盆」は富山県の代表的な行事となっています。この日も富山県から歌い手と弾き手、踊り手がきて本場の舞を見ることができました。三味線と胡弓の音が響き渡り、美しい歌声と音色に聞き入ってしまいました。

イベント情報

今回のジャパンフェスタのように、ギャラクシティでは様々なイベントが開催されています。「スペースあすれちっく」などの遊具で遊びたい場合は、イベントのない日に行くと並び時間が少なくなります。ただ、イベントがあると今回のように様々な楽しみ方が体験できるので、イベントの日に合わせて訪れることをおすすめしたいです!

ギャラクシティで開催されているイベントは、こちらから検索できます。

参考 イベント検索ギャラクシティ

駐車場

ギャラクシティに車で行く際は駐車場がネックになります。ギャラクシティの地下2Fに駐車場がありますが、収容台数は41台とそれほど多くなく、満車になっていることが多いです。この日もイベントがあったためか、満車となっていました。

また、この駐車場は30分ごとに100円、半日滞在すると1,000円を超えてしまうので値段もちょっと高いかなという印象です。ただ、ギャラクシティ目の前にあるコインパーキングは200円/30分、最大料金1,400円とさらに高くなってしまいます。

1~2分ほど歩いたこちらの駐車場になるとグッと値段が下がってきます。

今回は歩いて5~6分ほどのこちらの駐車場に停めました。最大料金が600円なので、時間を気にせず楽しむことができます。

ギャラクシティと西新井大師は徒歩15分ほどなので、中間エリアの駐車場を利用すれば両方を楽しむことができますし、値段もリーズナブルです。西新井大師に以前行った際は、こちらの駐車場を利用しました。最大料金600円とリーズナブルなのでおすすめです。ギャラクシティの駐車場を目指すよりも、はじめから上記のような近隣の駐車場を目指していく方がスムーズかと思います。

西新井大師の詳細については、こちらの記事にまとめています。

【お出かけ】「西新井大師」は厄除け・初詣におすすめ。駐車場・アクセスのまとめ。

まとめ

今回はネット遊具「スペースあすれちっく」で子どもと一緒に遊びたいと思い訪れましたが、ジャパンフェスタがとても楽しく、充実した1日を過ごすことができました。特に殺陣が面白かったです。

プラネタリウムは有料ではありますが、それ以外の施設はほとんど無料なので、必要なお金も交通費や駐車料金くらいだけでいいというのも嬉しいですね!全て屋内施設なので雨の日も関係なく、しっかり体を動かせるというのもありがたいです。

プラネタリウム、ネット遊具、クライミングウォール、各種イベントなど、様々な楽しみ方ができる「ギャラクシティ」。子育て世代の方にぜひおすすめしたいお出かけスポットです。

詳細情報

 名称 ギャラクシティ・西新井文化ホール(ギャラクホール)
 営業時間 9:00 ~ 21:30(こども体験エリアは18:00まで)
 定休日 毎月第2月曜日
※ 祝日の際はその翌日、元日
※ 8月は休館日なし
※1・3・9月に連続休館日あり
 子連れ OK
 オムツ替えスペース あり
 駐車場 あり(41台)
 駐車料金 100円/30分
 住所 〒123-0842 東京都足立区栗原1-3-1
 電話 03-5242-8161 
 ジャンル 文化施設、ホール
 ウェブサイト 公式サイトはこちら

※ 詳細情報は正確ではない場合がありますので、必ず事前にご確認ください。

アクセス

車で行く場合

(越谷・草加方面より)国道4号線を都心方面へ 梅島陸橋右折 → 西新井陸橋側道に入り道なりにUターン → 環状7号線合流手前で左折(約200m)→ ギャラクシティ駐車場入口

(三郷方面より)首都高速6号線三郷線を都心方面へ 加平出口 → 環状7号線を西新井方面へ → 西新井陸橋側道に入り道なりにUターン → 環状7号線合流手前で左折(約200m)→ ギャラクシティ駐車場入口

※ ギャラクシティ西側(正面入口前)の道路は南向き(環状七号線方向)一方通行となっております。また、周辺は生活道路のため、運転時にはくれぐれもご注意ください。

電車で行く場合

東武スカイツリーライン「西新井駅」下車、東口より徒歩約3分