近日、新掲示板を公開予定!

【ニュース】埼玉県がPCRセンターを20箇所設置へ。検査体制を強化のため。

埼玉県内にPCRセンターを20箇所設置へ

埼玉県医師会と埼玉県がPCRセンターを20箇所設置することを発表しました。

患者側としては、まずかかりつけ医で受診し、感染の疑いがある場合はPCRセンターで検体を採取する流れとなります。

PCRセンターは、車に乗ったまま検体を採取する「ドライブスルー方式」も検討中しており、20箇所全てが稼働すると検査数が1日100〜150件増やせる見込みです。

埼玉県の感染者数の推移

埼玉県の感染者数の推移については、こちらのサイトから確認できます。

参考 トップページ新型コロナウイルス感染症 対策サイト

こちらのページのデータによると、埼玉県の感染者数の増加ペースは落ち着きつつあるように見えます。

しかし、感染者数の増減は検査数に比例しているようにも見えます。

「感染者が少ないのは検査数が少ないから」という指摘もありましたが、こうしたPCRセンターの設置によってこの点が少しずつ改善されていくものと思われます。

検査体制が整うことで感染者数の発見数も増えることが予測されますが、表面の数値だけを捉えると不安を感じてしまうかもしれません。

そのため、こうした検査体制の充実が背景にあるということは、きちんと押さえておく必要があるように思います。

 

埼玉県の対応のマズサが、メディアでもクローズアップされるようになりました。
病床不足、宿泊施設不足、PCR検査不足、軽症者二人死亡など。評価アップしている岡田晴恵教授は、今日もモーニングショーではっきりと「さいたまの組長の指導力不足」と言ってましたね。
<とんでも埼玉>にならないことを祈ります。