近日、新掲示板を公開予定!

【ニュース】さいたま市が小中学校の児童生徒向けにデジタル授業を開始!ネット上で授業が受けられるように。

さいたま市がオンライン授業を開始!

2020年5月11日より、さいたま市が市内の全小中学校の児童生徒10万人を対象に、デジタル授業を開始することを発表しました。

参考 デジタル授業、5月11日から開始埼玉新聞

動画配信される内容については、次のように書かれています。

動画は約15分で、市立の全小中学校の教諭らが工夫を凝らして作製したもので、最終的には約840本を準備する予定。国語、算数、理科、社会のほか、音楽や体育なども作製する。

双方向のやりとりはできないため、教諭が子どもたちに学習状況を確認する。「朝の会」や「学習の進め方」の動画もあり、保護者の協力を得ながら、自宅で学校生活のリズムに合わせられるように促していくという。

 小学1年~中学3年まで、時間割表は午前中に1時限40分の3時限を行う内容。午後は各学校が課題を検討する。各学校がホームページで授業内容を掲載し、学校安心メールで保護者に周知する。

引用)埼玉新聞

「朝の会」や「学習の進め方」などについての動画もあるとのこと。

双方向のやりとりではなく、先生側が一方的に授業動画を配信する形ですが、長年進展のなかったオンライン授業が一気に進み出したことはとても素晴らしいことではないでしょうか。

三郷市はどうなる?

三郷市においては、特にオンライン化の話は出ていません。(2020年4月29日時点)

しかし、国がオンライン学習のシステムの開発に動き出すなど、オンライン化の流れは今後加速する見込みです。

参考 オンライン学習、国が開発へ読売新聞

こうした流れを受けて、三郷市も今後オンライン学習の話は何かしら出てくるものと思われます。

また、有志の知事17人が政府に9月入学を共同提言するなど、教育に関しては様々な動きがみられています。

参考 有志知事17人が共同提言日本経済新聞

コロナはマイナスの影響が心配されていますが、決してそれだけではなく、次の教育の形へと進化するチャンスであると言えるのではないでしょうか。